TSUNORU 2018
  • 新卒
  • 既卒

株式会社ハラサワ

最終更新日
2017年10月23日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    11名

  • 資本金

    1,000万円

  • 業種

    金属製品 / 非鉄金属 / 自動車

10/30(月)に説明会開催★募集締め切り間近です!
文系学生をゼロからきっちり育て、
アフターパーツ業界で国内シェアトップクラス!
70年以上かけて信頼を積み上げてきた老舗企業です。

ハラサワは荒川区にある、1946年創業の知る人ぞ知る老舗鋼材メーカーです。お客様の満足を第一に考え、金属加工の技術を用いて「板巻きパイプ」という少し特殊なパイプを製造しています。
そんな当社の板巻きパイプは社会の中で必要不可欠なモノばかりで、街でよく見かける自動車やバイクは実はハラサワの部品を使っています。あなたもきっと当社の製品を毎日の中で目にしているはず。
自分の作った製品が社会のあちこちで見て分かる形として使われているのは、「あれ作ったの私だ!」と造り手としてもやりがいを感じるはずです。

photo1

「どんなことでもきっちり、早く、丁寧に、喜ばれるように」が当社のコンセプトです!

photo2

お客様から得た信頼が、当社の歴史です。

充実した教育体制

photo

"環境"には自信あり!!

「社員研修体制完備」と言う会社は多数あっても、毎週勤務時間の中で半日を社員の勉強会にあてて、10年以上実施している会社は、ほぼ100%見つからないはずです。学部不問。経験や知識、技術の不足を心配する必要はありません。教育体制の充実が当社の自慢です。
自分たちで課題を見つけ自分たちで解決に向けて取り組む「プロジェクト型」の勉強会やOJTをはじめ、一人ひとりの個性と適性を見極め、その上で考え抜いた社員教育を成長に合わせて行なっています。新卒者のほとんどが文系ですから、ゼロからのスタートでも安心。

文系新卒社員を積極採用し続ける理由

photo

裁量大きく働けるぶん、意欲的な方を求めています!

創業70年を超える町工場でありながら、当社から積極的にアピールしているのは文系が中心です。

文系を積極採用する理由のひとつは、「すべての社員がすべての業務をできる」を理想としていることです。
入社後は、製造はもちろん、個人の適性に応じて徐々に社内のあらゆる業務に取り組んでもらうことになります。理系・工業系の方は、これまで学んだ知識や技能を活かそうという意欲のある方が多い反面、それ以外の業務に抵抗のある方も少なくありません。
そのため、ゼロスタートで抵抗感なく取り組む方が比較的多い、文系の学生が多い大学へ積極的に募集をかけています。もちろん、理系・工業系の方でも当社の働き方を理解したうえで「やりたい!」と言っていただけるのであれば大丈夫です。文系でも理系でも、選考時に対応の差はありません。

挑戦し続ける理由

photo

常に変化する世の中に対応できるよう、新たなことに取り組み続けています。

元々マフラー部品の製造に定評のあったハラサワ。
一般的な加工法とは一味違う板巻き技術が自動車、オートバイのアフターパーツ業界から注目され、お引き合いをいただくようになりました。その仕事はすぐ評判に。今ではハラサワ製品はアフターパーツ業界のマフラー部品で有名な鈴鹿地区のシェアトップクラスです。

そして現在、ハラサワはまた一つの転換点を迎えています。
2005年から採用面の強化と人材教育重視の方針を打ち出し、次々と新たなことに取り組んでいます。同じことを続けているだけでは、変化し続ける世の中に置いていかれてしまうからです。ハラサワという企業の変革のためにも、新卒者の採用を続けることは重要だと考えています。

会社概要
事業内容 ○●○堅実堅調がハラサワの経営。ニッチな市場こそ当社の舞台○●○

当社はお客様のニーズに応えた商品を提供することが創業のころからの伝統です。
大きな会社であれば回転と効率を重視するのが正しい経営なのかもしれませんが、当社は目の前のお客様一人ひとりをとことん大事にしたいと考えています。
何がお困りなのか、どうしたら喜んでいただけるかを常に考え、量産と試作の隙間(ニッチ)で小さな組織だからこその強みを武器に、利益と顧客満足を追求しながら、お客様のニーズへより深く踏み込んでいく。それが当社の経営です。

<事業内容>
ステンレス、非鉄金属板巻パイプの製造及び一般部品のプレス・溶接・曲げ加工

<展開>
自動車関連部品をはじめとする、食品製造機械、環境関連機器、ろ過機器、通信設備、生活家電、実験機器などの部材。
特にバイク関連の製品に限れば、レースで有名な三重県鈴鹿地区においてシェアトップクラスです。
本社 郵便番号 116-0011
所在地 東京都 荒川区西尾久6‐5‐3
電話番号 03-3893-6004
FAX番号 03-3893-2869
事業所 【本社・第一工場】
〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-5-3
【第二工場】
〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-8-7
【事務所・第二工場倉庫】
〒116-0011 東京都荒川区西尾久6-275-1
代表者 代表取締役社長 原澤 勝義
設立/創業 1946年03月
資本金 1,000万円
売上高 2億1,000万円(2016年02月)
従業員 11人(2016年04月)
back to top