TSUNORU 2019
  • 新卒
  • 既卒

日本システムクリエイト株式会社

最終更新日
2017年09月06日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    128名

  • 資本金

    5,000万円

  • 業種

    ソフトウエア

2019エントリー開始は2018年3月です。企業や業界研究にお役立てください。

人々の日常生活に欠かせない、銀行、証券、航空、高速道路、情報通信など“社会システム”の開発に携わることができます。

日本システムクリエイトは、金融や情報通信などの社会インフラの根幹をシステム面から支えてきました。現在、売り上げの7割が受託開発で、3割は中小企業向けの会計パッケージとなっています。これまで幅広いシステム開発に従事した経験やノウハウを活かして、徐々にパッケージ製品の売上比率を増やしていく――これを当社の中長期計画に盛り込み、今、少しずつですがシフトチェンジを行っています。そして、いずれは受託開発とパッケージ製品の売り上げを5:5の割合にすることをめざして全社で取り組んでいます。またそれに伴って、社員数も5年後には倍増させていきたいと思っています。

photo1

創業39年目。ソフトウェア業界では歴史のある会社です。

受託開発事業と自社ソフト事業の両輪で、安定して成長してきました。

当社で活躍するエンジニアは、仕事に対して誠実で責任感を持って業務に取り組んでいます。
例えば、システム開発の場合、納期が迫る中、開発が難航していると途中で投げ出してしまう会社もありますが、当社ではそんな困難なときこそ、ふんばって最後までやり遂げることのできる、エンジニアたちがたくさんいる。それが誇りです。
また、セキュリティー上の理由から、受託開発のエンジニアたちのほとんどは顧客先で常駐勤務する形となりますが、新卒の方がいきなり現場に配属となることはありません。
まずは入社後、新入社員のみなさんには新人研修を約2カ月受けていただきます。社内で行うこともありますが、ここ数年は外部研修に参加して開発言語の基礎を学んでもらいました。その後、配属先が決まり、先輩エンジニアのいる現場でプログラミングからスタートして、徐々にシステムエンジニア、プロジェクトマネジャーなどのマネジメント職へとキャリアアップしていただきます。
理系、文系など出身学部は問いません。実力のある人は早い時期からステップアップできるのも当社の魅力です。
システム開発はチームで行うので、周囲の人と協調しながら、常に新しいことにもチャレンジしていけるような、そんな意欲的な人にぜひ来ていただきたいです。
【システム戦略本部 本部長 取締役 大森隆司】

「日本システムクリエイト」とは?

photo

長きにわたり、時代の要求する専門的かつ多様なニーズに常に応えてきました。

これまで、ダムのゲート制御システム、交通管制システム、自動血液検査システム、地上波デジタル放送システム等の大規模プロジェクトを手掛け、近年は「スマートフォン・カーナビゲーション等の情報通信分野」「銀行窓口・ATM等の金融分野」「航空管制・高速道路等のインフラ分野」におけるシステム開発のほか、「自社独自に企画したパッケージソフトの開発・販売」の2軸で事業を展開しています。今後は、受託開発分野を維持・発展させつつ、技術の集大成でもある自社パッケージソフトの更なる充実に注力していきます。

会社概要
事業内容 ・金融分野・情報通信分野等のコンピュータシステムの開発
・パッケージソフトの企画・開発・販売
・コンピュータシステム関連の付帯サービスの提供
本社 郵便番号 144-8721
所在地 東京都 大田区蒲田5-37-1
ニッセイアロマスクエア2F
電話番号 03-3736-1151
FAX番号 03-3736-1152
代表者 代表取締役  竹井 眞範
設立/創業 1979年05月
資本金 5,000万円
売上高 11億3,300万円(2017年03月)
従業員 128人(2017年06月)
back to top