TSUNORU 2019
  • 新卒
  • 既卒

株式会社レインボーオプチカル研究所

最終更新日
2018年09月19日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    53名

  • 資本金

    1,000万円

  • 業種

    医療関連 / その他専門店 / 商社(医療用機器)

【秋採用開始!10月24日(水)に説明・選考会を開始します!】
半世紀に亘り、コンタクトレンズ製造技術の進歩に貢献!
コンタクトレンズメーカーの当社で、既存顧客へ提案営業をしませんか?

昭和30年にコンタクトレンズの開発・製造の基礎研究を開始。4年後、創立者小倉保雄が世界初のコンタクトレンズ学会に日本メーカーを代表し出席した事をきっかけに、当時先進的だった米国の製造技術を導入、コンタクトレンズの本格的製造をはじめました。37年に国内初のコンタクトレンズ製造・販売の認可を厚生省(現・厚労省)より受け、以来、医家向け検査用レンズや円錐角膜用レンズ等、一般的レンズの製造技術とは一線を画す高評価を得ました。今では「高度な技術力を持つ会社」の評価と共に厚い信頼を頂いております。

photo1

創業より61年。安心安全のコンタクトレンズの理想を追い求めています。

photo2

人にやさしくありたいから、瞳へのやさしさにこだわります。

私たちの強み

photo

長年の歴史の中で培ったものがあります。

①高度技術で「価値」を提供
当社の得意分野は、高度な技術力が求められるハードコンタクトレンズや特殊レンズ、アイケア機器です。遠近両用を始めとするハードコンタクトレンズ、医家向けの検査用レンズや円錐角膜用レンズで、眼科医師を始めユ-ザ-、業界内でも高い評価をいただいています。

②心をこめたものづくり
当社のコンタクトレンズづくりは、決して機械任せにしません。レンズは「加工、研磨」等、25の製造工程をのうち21の工程が手作業です。レンズの検査も全員の目で確認。当社ならではの高精度・高品質は、こうした丹念な仕事から生まれています。

③確かな品質と技術力の積み重ねによる信頼
当社は技術力をはじめ総合的な品質管理のさらなる改革・向上に努めてきた結果、2005年11月に医療機器に関する品質マネ-ジメントシステムの国際基準、ISO13485に関して、ISOの審査を受け、コンタクトレンズ業界で初めて適合の「認証」を取得しました。
以後、年1回の維持審査、及び3年毎の更新審査にも合格しています。
※ISO=国際標準化機構(本部ジュネ-ヴ)

入社後のイメージ

photo

~既存得意先への巡回訪問で、専門知識や情報を提供する提案営業です~

基本的にすべて既存得意先を回ります。

眼科ドクターやコンタクトレンズ販売店の担当者に、自社製品の情報提供や販売促進のアドバイスを行います。
「その製品いいね」や「そういうのがほしかった」という言葉をもらえるたびに、世の中の役に立てていると実感し嬉しいです。

また、処方施設のスタッフを対象とした勉強会「グリーンセミナー」も随時開催しています。
社内では情報をチームで共有することにより、社員間で切磋琢磨し、チーム力を日々高めています。

本社アクセスについて

photo

半蔵門駅から徒歩5分です。

当社は様々な駅を利用し通勤することが可能です。

「半蔵門駅」「麹町駅」「永田町駅」「赤坂見附駅」など交通アクセス便利な立地です。
どこからも徒歩5分~10分以内くらいと通勤にもいろんな経路が使え、助かります。

面接などもここで行いますので社内の雰囲気も見てみてください。

会社概要
事業内容 ■コンタクトレンズの研究・開発、製造、卸販売
■コンタクトレンズケア用品・用剤の開発・卸
本社 郵便番号 102-0093
所在地 東京都 千代田区平河町2-11-1
平河町ロンステートビル7F
電話番号 03-3263-5661
代表者 小倉 信典
設立/創業 1961年07月
資本金 1,000万円
売上高 5億5,300万円(2017年02月)
従業員 53人(2017年12月)
back to top