TSUNORU 2019
  • 新卒
  • 既卒

王子キノクロス株式会社

最終更新日
2018年10月15日
  • 本社

    静岡県

  • 従業員数

    153名

  • 資本金

    3億5,300万円

  • 業種

    紙・パルプ / 紙・パルプ / 紙・パルプ

世界トップレベルの技術力!!
王子グループの事業構造転換柱として「領域を超え 未来へ」
私たちと一緒に新たな一歩を踏み出してみませんか?

静岡県富士市に工場のある当社は、1964年 世界に先駆けてパルプを主原料とした乾式パルプ不織布の製造に成功して以来、独自の素材と高い技術力で、時代のニーズを先取りした製品を生み出し、業界をリードしてきました。
そして今日、環境への意識が変わり、安全で衛生的な製品への要求が高まり、社会の価値観が大きく転換する中で、これからの社会が求める「人にやさしく、環境にやさしい」製品は何かを考え開発し、安定的に供給していくことを新しいチャレンジ目標とし更なる成長を目指します。

photo1
photo2

富士工場の外観です。 北方向には雄大な富士山を眺める事ができます。

不織布(ふしょくふ)とは?

photo

紙でも布でもありません!!幅広い領域で、ごくごく身近なところで活躍しています!

当社は、水ではなく空気を媒体として不織布(ふしょくふ)をつくる『エアレイド法』を独自の方式で開発し、製造しています。弊社の『エアレイド法』は世界三大エアレイド法に数えられる独自製法で、世界的にも知られています。紙や布では実現しない「吸収性」「ソフト性」「ろ過性」「嵩高性・緩衝性」にひときわ優れた特色ある不織布(ふしょくふ)を作り出しています。その技術が生かされている領域は、①食品・調理②衛生・コスメ③医療・介護④農業⑤包装・梱包など多岐にわたっており、且つみなさんが一度は接触したことがあるであろう、ごくごく身近な製品にも使われています。ホームページの中に、いくつか代表的なものをご紹介させて頂いておりますので、是非一度見に来てください。「あ~、あれも、これも、そうなのか!」と思っていただけるような身近な製品の中にも、当社の製品の技術力が息づいています。
※写真は当社製品の一部です。

リーディングカンパニーであるからこそ、チャレンジし続ける!

photo

事業は富士~グローバルへ更に拡大しています!

お客様ニーズに応え続けるには、常にチャレンジし続ける事が重要だと考えています。既成概念にとらわれず、良いところ強いところを守りつつ、さらに改善していく為にはどうすべきかを考え続けることこそ、安定的に継続できる会社の力になります。その一つに、当社では中国・上海に工場を設立(2004年)し、アジアの多様なニーズに対応すべくチャレンジを続けています。新しいことへのチャレンジは、苦労も多いですが、ワクワクします。その苦労を乗り越えた先の達成感は、他では得難い経験です。現状に満足せず、いつも一歩先を見据えて働ける環境があります。
※写真は上海工場です。

私達独自の素材と技術力を知っていただく努力は怠りません!

photo

多くの展示会に出展しています。

各地で開催される展示会に積極的に出展しています。最近では、2018月6月に世界三大不織布展示会の一つで、12年ぶりに日本(東京ビックサイト)で開催した『アジア国際不織布産業総合展示会/ANEX2018』に出展し、世界のトップバイヤーが多数来場されました。このような展示会を通じて、既存のお取引先以外と接触することは、私達にも多くの刺激を与えてくれます。独自の素材・技術力に慢心することのないよう幅広い意見を取り入れながらチャレンジを続けています。

会社概要
事業内容 エアレイド(不織布)の製造、加工および販売
本社 郵便番号 419-0204
所在地 静岡県 富士市入山瀬
1-2-5
電話番号 0545-71-3132
FAX番号 0545-71-1052
代表者 景山高介
設立/創業 1980年08月
資本金 3億5,300万円
売上高 136億円(2017年03月)
従業員 153人(2018年04月)
back to top