TSUNORU 2019
  • 新卒

株式会社山室

最終更新日
2018年05月24日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    170名

  • 資本金

    2,000万円

  • 業種

    環境サービス

三宅
  • 部署

    営業本部営業部

  • 職種

    法人向け営業(得意先が中心)/

入社後2年間は厚木店の工場で現場を経験し、仕事を通して"古紙はゴミではなく、大切なリサイクル資源"と認識するに至り、環境に貢献できる喜びも感じるようになりました。その後、本社で経理業務を半年経験した後、営業部へ。営業の仕事は、製紙メーカーからの注文数量・納期を元に、各支店にある在庫数量を確認し、 納品場所までのアクセス方法や運賃などを考慮して注文数を満たすべくやりくりし、 集荷・納品します。いわば、各支店とメーカー工場とのパイプ役です。中でも在庫調整は非常に重要で、いくら古紙を大量に回収できたとしても、 納品先がなければ意味がありませんし、逆に大量の注文をいただいても 注文数を満たせるだけの商品(古紙)のストックがなければこれもまた意味がありません。そのため、需要と供給のバランスには常に気を配る必要があります。想定していたとおりに回収から納品までスムーズにいった時、 達成感があると同時にやりがいを感じます。人々から"不要"とされた古紙が、 姿形を変えて生まれ変わっていく様を目にすると、社会貢献の意義を深く感じます。
今以上に顧客からの信頼を得られるよう成長していきたいです。

唐戸
  • 部署

    本社経理部

  • 職種

    財務・経理・会計/

入社して1年めは支店のヤード内で選別作業、重機運転、荷降ろし作業等を経験した後、本社へ異動となりました。この現場での作業の実体験によって視野が広まりました。経理は会社の信用に関わる重要な仕事なので、 間違いがないように気をつけています。問題なく締められた瞬間はたまらなく快感です。

鈴木
  • 部署

    松戸店店長

  • 職種

    店長・店長候補(店舗運営)/

研修を終えてから厚木店へ配属され、現場作業の基礎を教わりました。本社営業部勤務時代は、現場で作られた製品がどのように管理されて売却され、どのぐらい利益が生まれるのか、統計や営業数字を勉強しました。松戸店では、今までの経験すべてをお客様との対応に生かしながら、日々過ごしています。

back to top