TSUNORU 2020
  • 新卒
  • 上場企業

カワセコンピュータサプライ株式会社

最終更新日
2018年09月13日
  • 本社

    大阪府

  • 従業員数

    115名

  • 資本金

    12億2,665万円

  • 業種

    印刷・パッケージ

2020エントリー開始は2019年3月です。企業や業界研究にお役立てください。

≪是非、ブックマーク頂けたらと思います≫
求ム!コツコツ型。肉食型。グングン志向。
創業60年以上の「印刷コミュニケーション」会社です。

カワセコンピュータサプライは、創業60年以上の歴史を持ち、お客様のために新たなチャレンジを継続しています。

戦後間もない復興の時代、いち早くコンピュータの将来性と限りなく大きな可能性に着目し、カワセのビジネスフォーム製造事業が産声を上げました。

データ処理と印刷にとどまることなく、多様化するニーズに応じた商品開発を進めています。

photo1

データプリントをはじめとする5つのサービスで、新たな時代に挑戦します。

photo2

創業から60年を越え、さらなる成長を目指します。

次世代「印刷コミュニケーション」

photo

どんな会社??

どんなことがしたいのか? 何が最善策か?・・・一緒に探り、解決する。
お客様一人ひとりのニーズを見つめ、未来価値を共創してゆく作業、
それが私たち「Kawase」のコミュニケーションです。

データプリントをはじめとする5つのサービスで、
次世代の印刷コミュニケーションをはかります。

お客様に提案をしていく仕事なので、お客様のことはもちろん、
印刷物関係の勉強も理解する必要があります。

次世代の印刷を担う

photo

創業60年が経ちました。

1955年に大阪市旭区大宮西之町に川瀬紙工株式会社を設立して以来、
ビジネスフォーム、巻取紙の製造・販売を開始しました。

現在では、印刷コミュニケーションを通して、総合的なBPO(Business Process Outsourcing)サービスを提供しています。
サービスは目に見えるものではありませんが、人と情報と印刷、さらにその先をつなぐ“具体的な価値”としてそれぞれの間に介在するものです。

以下の4つが当社のサービスです。

■データプリント サービス〈業務用データ印字〉
個人情報が関わる通知物の大量発行も一貫処理で安心・確実・スピーディに

■バリアブル印刷 〈フルカラーオンデマンド〉
可変データに基づき一人ひとりに最適化された印刷物で販促効果を創出

■クラウド情報処理 〈電子請求発行〉
請求書や納品書のペーパーレス化で書類のスリム化&コスト化の低減へ

■ビジネスフォーム 〈出力用、複写式伝票、一般印刷物〉
ニーズに細かく対応してオリジナルのビジネスフォームを作成します。


活躍の舞台に不足無し

取引先には超有名企業がズラリ

カワセのお客様は約700社。その中にはメガバンク・メガ生保・中央官庁及びその外郭団体等、誰もが知る
日本を代表する企業・団体が数多くあります。お客様の「ご要望」に精一杯お応えし、新たな「ご提案」を行ない、お客様の「業務を支え」、お客様の発展に「貢献する」。「お客様と共に」これが活躍の舞台です。

会社概要
事業内容 データプリント サービス
バリアブル印刷
クラウド情報処理
ビジネスフォーム

本社 郵便番号 541-0042
所在地 大阪府 大阪市中央区今橋2-4-10
大広今橋ビル8階
電話番号 06-6222-7474
FAX番号 06-6222-7483
本社2 郵便番号 104-0061
所在地 東京都 中央区銀座6-16-12
丸高ビル4階
電話番号 03-3541-2281
FAX番号 03-5550-5295
事業所 大阪本社
東京本社
京都支店
神戸支店
千葉支店
横浜支店
名古屋支店
情報センター

代表者 川瀬 康平
設立/創業 1955年5月
資本金 12億2,665万円
従業員 115人(2017年02月)
back to top