TSUNORU 2020
  • 新卒

木構造システム株式会社

最終更新日
2019年05月18日
  • 本社

    大分県

  • 従業員数

    11名

  • 資本金

    2,000万円

  • 業種

    設計

【国際特許取得】世界に通用する最先端技術で木造に革新をもたらす

当社は自社工法の研究開発から構造設計、木材加工、建て方まで可能な技術系ベンチャー企業です。

地球温暖化と平行して我が国の山林は荒れてきました。その結果、豪雨によって多大な被害が発生しています。
この為、政府も木材利用促進法を制定、官民ともに鉄骨やRCで作っていた大型施設の木造化が図られています。
当社は特許技術である「拡張樹脂アンカー工法」によって非住宅建築物の木造化をコスト上の問題を含んで解決し、現実のものとしてきました。
「地産・地消・地建」を掲げ、木造化の技術によって微力ながら日本国土を守る一翼を担いたいと思っています。

photo1

世界的にも珍しい地域産材を無垢材のまま活用した単層ラチスシェル構造の体育館です。

photo2

極めて高い設計自由度が可能にする屋根の形状に合わせた木造トラスです。

私たちを取り巻く環境

photo

持続可能な開発とは?

豪雨被害の記憶は新しいかと思います。我が日田市も九州北部豪雨によって多大な被害を被りました。

日本には十分な森林資源があるのに、なぜ重大な森林災害が生じたのでしょうか?
ひとつは単純に記録的な大雨によるものです。もうひとつが、山林の荒廃です。実は自然林であっても山林は手入れをしなければ、保水力を失い、短時間に大雨が降った場合に下流へ一気に流れてしまいます。ですが、日本の森林資源は手が行き届かないほどに膨大なものとなっています。その一方で、日本の木材自給率は3割に留まっています。
対策として木材自給率を上げれば、森林資源の産業利用が促され自動的に手入れがなされるようになります。また、世界的にも森林資源が持続可能なように管理運営されるようになれば、温暖化対策への大きな力となります。
そして、林業は河川を通じて水産業にも影響を与える大変重要な業種であり、これらを治山治水と言い、皆さんの生活にも直結した身近な自然環境です。

そこで政府は木材利用促進法を制定、公共建築物から木造化・木質化を促しています。
しかし、木造と言えば住宅規模がほとんどであり、わずかある非住宅木造は高コストや技術難度の問題が普及の障害となっています。
当社をはじめ、いくつかの新進気鋭の企業、建築士たちによってこの障害を乗り越え、次の日本建築界が生みだされつつあります。

建築の作戦参謀

photo

研究開発力を武器に具体的なロードマップを提案

当社は構造設計事務所ではありません。工務店でもありません。
最新の大型プレカット機械を導入、解析機材を持ち実大試験なども行う開発メーカーです。
当社に依頼される方の多くは木造に詳しくないので、どうすれば良いのかの具体案を求められています。不安を抱える依頼者に寄り添い、道筋を示して支える弁護士のようなコンサルティング業務です。

非住宅の木造には様々な個別の事情があります。

・地元(自前)の木材で建てたい
・相場が分からないので、まずは予算を組みたい
・地元の工務店で建てたい
・スケルトンインフィルにして欲しい
・柱なしで大空間が欲しい
・耐火規定について教えて欲しい

様々な事情を勘案して具体的な提案を行います。
「どうすればいいですか?」と指示を仰ぐのではなく、「どうするといいですよ」と助言を行います。
その為、構造設計事務所が依頼者となることもあります。
そして、建築ですので実際に建てる時には、先手を打った指示やアドバイスも担当設計者に求められています。

二刀流のテクノロジー

photo

拡張樹脂アンカー工法とウッドファスナー工法

【拡張樹脂アンカー工法】
木材と木材、コンクリート、鋼材など様々な材料を自由な角度で接合可能な技術

【ウッドファスナー工法】
鋼板を無くし、コストを抑えたプレートレスドリフトピン工法

詳細は省きますが、この2種類の工法を基幹技術として組み合わせ、様々な性能やシステムを生みだします。
イメージとしては「強い拡張樹脂アンカー」と「安いウッドファスナー」と思って下さい。
これら工法は言わば部品に過ぎません。

例えば、小型軽量かつ強力なエンジンを売るにはどうすればよいでしょうか?
車輪を付けて車にしますか? それはトラックでしょうか? それともスポーツカーでしょうか?
木構造システムでは発想をもっと広げます。
プロペラと翼を付ければ飛行機に、スクリューを付ければ船になります。
更には掃除機や冷蔵庫にも組み込めるかもしれない可能性があります。
これが拡張樹脂アンカー工法の強みです。

一般的には一つの工法は一つの構造システムしか作れません。
ですが、当社はトラス構造、重ね梁、ラーメン構造、ラチスシェル構造、折版構造、吊り構造、樹状構造など多種多様な構造システムをたった一つの工法で作り出せます。
この汎用性の高さは日本屈指の技術力であると自負しています。
おかげさまで、技術グランプリの受賞や技術誌での掲載の他、世界的にも有名な設計事務所様、スーパーゼネコン様とのお仕事もさせて頂いております。

当社ではこれら技術を自社で研究開発しており、現在も改良を続けて日進月歩しています。

会社概要
事業内容 資材販売・・・弊社工法の資材販売
木軸工事・・・弊社工法の加工及び建方
構造設計・・・意匠協力など構造コンサル、弊社工法の構造設計
技術開発・・・設計技術支援、新技術の研究開発
本社 郵便番号 877-1371
所在地 大分県 日田市
諸留町1178-13
電話番号 0973-24-3004
事業所 (開設予定)福岡事務所
代表者 矢原勇
設立/創業 2002年07月
資本金 2,000万円
従業員 11人(2019年05月)
back to top