TSUNORU 2021
  • 新卒

株式会社丸島アクアシステム

最終更新日
2020年07月01日
  • 本社

    大阪府

  • 従業員数

    263名

  • 資本金

    4億4000万円

  • 業種

    プラントエンジニアリング / 建設 / 金属製品

【国内トップクラスの業界シェア!】【完全週休2日制(土・日)!】【年間休日124日!】
「水インフラ」の老舗専門メーカーです。チームワークをもっとも重視しています。中小企業ならではのアットホームも自慢です!

創業1928年以来、ダムの水門や水処理プラントなどの社会インフラの大基盤である「水」に関する専門メーカーとして事業に取り組んできました。
生活に欠かすことのできない「水」に特化した技術力を活かし、多くのダムや河川、上下水処理場などに設置される水門や水処理・水環境事業などをおこなっています。
水門事業分野では、国内トップクラスの業界シェアと施工実績を誇り、今では日本最古の老舗企業として「100年企業」めざし成長を続ける企業です。

photo1

個性的なメンバーが揃った水のプロフェッショナル集団です。

photo2

全ての仕事で条件が異なり、いわば全てがカスタマイズ製品です。

水に生かされている地球に生かされていると感じられる仕事です。

photo

水を守るインフラ、水の驚異から守るインフラを造っています!

水インフラの専門メーカーとして、当社は水門や水処理プラント等、長年培ったモノづくりの技術を活かしながら、より一層の環境との調和を図っています。
全国のダムや上下水処理場等に水インフラを製造・設置することで、安全で信頼性の高い社会インフラ建設の一翼を担っています。昨今の異常気象などによって多発する洪水や土砂災害あるいは巨大津波など、水の驚異から街や人を守る水管理システムのニーズが増加している中、私たちの技術力が高く評価されています。近年では、押し寄せる津波の力で起立する「流起式可動防波堤」を京都大学と共同で開発。お客様の要望と信頼を受け、100年を目前にしてもなお常に新しい物を造り出す企業です。

企業理念

photo

「水を活かし、水に生きる」

創業者の言葉に「水を活かし、水に生きる」があります。この言葉の通り私たちの生活に欠かすことのできない「水」に関わる企業として、水にこだわる姿勢を常に持ち続けることの必要性を示しています。歴史の中では大きなピンチもありましたが「ピンチこそがチャンスである」との考えのもと、社員一丸となって、一人一人が想う「かけがえのない人」のため、「なくてはならない会社になろう」という想いをもって乗り越えてきました。今もなお、誠実に努力し、常に謙虚に反省を怠らない姿勢を貫き、当社の製品を通じて社会に貢献していくことが我々の「誇り」となっています。

社内はとてもアットホーム

photo

「チームワーク」の良さが自慢です!

当社が携わるのはすべてがビッグプロジェクトであり、巨大な構造物やプラントを造り上げる仕事であるため、とても一人でできるモノではありません。
ですので、「チームワーク」をもっとも重視していますし、社内の雰囲気はとてもアットホーム。社内イベントや家族などを招いてのレクレーションも多数開催し、コミュニケーション強化に繋げています。
また、これらは互いの部署との連携を強めることにも繋がり、各分野のスペシャリスト達が協力し合いながらより良い製品を造り出しています。

会社概要
事業内容 《ダム・河川用水門》
 ダム取水・放流設備、河川ゲート、ゴム堰、ハイブリッド起伏堰等
《防災設備》
 津波・高潮対策水門、可動式防波堤、都市防災用防水扉等
《除塵設備》
 各種除塵機、集塵船、網場、浮遊塵芥リサイクルプラント等
《橋梁・水圧鉄管》
 道路橋、可動橋、水管橋、モノレール橋、水圧鉄管等大型鋼構造物
《水処理設備》
 上・下水道用プラント、集落排水処理・民間排水処理施設等
《水環境システム》
 ダム・河川・汽水湖・港湾等の水質保全、浄化対策、水景設備、環境公園等
《新エネルギー》
 小水力・風力発電、太陽光・バイオマス活用等
本社 郵便番号 540-8577
所在地 大阪府 大阪市中央区谷町5-3-17
電話番号 06-6766-3300
代表者 代表取締役社長 島岡 秀和
設立/創業 1941年10月
資本金 4億4,000万円
売上高 101億5,835万円(2019年08月)
従業員 263人 ( 2019年08月)
back to top