TSUNORU 2022
  • 新卒

株式会社アサヒ

最終更新日
2020年10月14日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    70名

  • 業種

    建設

2022プレエントリー開始は2021年3月です。企業や業界研究にお役立てください。

永きにわたり安定経営し、地元に根ざし、転勤の心配がなく、自らもこの地に根を下ろし永く勤める事ができると感じました。

photo3
  • 伊藤 智 さん  2016年度
  • 部署

    建築部

  • 職種

    施工管理/

入社した理由は?

3年時にインターンシップで施工管理を体験したこともありますが、株式会社アサヒの魅力が3つあります。
1つが、多種多様な建築物を、最初から竣工(終わり)までを経験できるのは他にはない魅力に感じました。
2つ目が、工事現場のエリアが特に東京23区に集中しており、転勤はがない点。
3つ目は、大学での企業説明会時に感じた採用担当者の物腰の柔らかさ・温かさです。会社の雰囲気の良さも十分に理解できました。

どんな会社ですか?

最初に配属された現場では、新築工事の躯体のコンクリート打設から竣工までを経験しました。足場が外れ外壁があらわになった瞬間や内装が仕上がった時は、達成感と感動を覚えました。
また、自らの計画通りに工程が進み、現場がきっちりと収まった時、施主様が完成後の建物を見て喜んでいただけることも大きなやりがいですね。

若手社員による飲み会や、先輩社員による講習会なども豊富で、アットホームな雰囲気な仕事場です。

どんな仕事をしていますか?

現在は、外部工事を担当しています。

今取り組んでいる現場は、トラックターミナルです。かなり大型の現場ですね。
仕事内容としては、足場解体の計画と搬出車両等の調整、その他外装工事の工程と品質管理を行っています。事務作業も多く、点検表や安全日誌などの安全書類、レッカー作業における計画書や週間工程表を作成しています。
現在の現場で3箇所目なのですが、それぞれで工法が違うので面白いですね。

入社して成長したことは?

入社以前より、施工管理はやりがいのある仕事である一方、決して楽ができる仕事ではないとイメージしていました。なので、私の場合はイメージどおりでした。

ですが、実際の「業務」として責任を持って取り組む事にによることの重要性、先輩たちの顔色ひとつ変えず当たり前にやっていることのレベルの高さを肌で感じることができ、色々なこれからの成長しなければならない事が見えてきたことが成長したところですね。

これからの目標は?

現場管理の面での目標は、現場を安全に、円滑に、高い品質で回せるようになることです。現場巡視の際、危険作業をしていないか、工程通りに進んでいるか、翌日以降の作業が円滑に行えるかなど、様々な視点で見回れるようになりたいと思っています。
また、資格面においては、まずは建築施工管理技士2級を、そして将来的には1級を目指したいですね。もちろん、最終的な目標は1級建築士取得です。

大塚 誠 さん
  • 部署

    建築部

  • 職種

    施工管理/

仕事でのやりがいは?

日頃から、施主様にいかに満足してもらうかを心がけています。
工事が完了した後に、「良い建物を作ってくれてありがとう」と感謝されたりすると嬉しいですね。


職場の雰囲気は?

仕事中は集中していると誰でも怖そう、話しづらそうといった雰囲気を感じるものです。でも先輩のふところへ飛び込む勇気をもって接することで、自分の見えていなかった部分が見えてくることがたくさんあるので、後輩には接しやすいように、仕事以外の会話も織り込むようにしています。
ふざけたり、いたずらをしたりして笑ったりしながら、日常会話から自然と仕事の会話にするのがポイントです。これは、とても有効だと思いずっと続けています。良い雰囲気は、自分で作り出せるものだと考えています。


後輩へmessage!

新卒で想像できることは、経験が少ないのでイメージする事も難しいとは思いますが、もし、「これから難関が待ち受けている。。」というようなナーバスな考えが少しでもあったとしても、現場に出ればそんな事はすぐに消え去ると思いますね。
悩んでいる時間よりも、何かを進める方向に力を注ぐことが大事だと思いました。

岩田 卓也 さん
  • 部署

    建築部

  • 職種

    施工管理/

職場の雰囲気一言で言えばアットホーム!
みんな気さくな方でとてもコミュニケーションは取りやすいと思います。
わからない事、不安な事を相談すると的確に返答いただけるのでとてもありがたいです。また、後輩には先輩を見習って、的確な返答が理路整然とできるよう意識して日々を過ごしています。

back to top