TSUNORU 2022
  • 新卒

社会福祉法人全電通近畿社会福祉事業団 知的障害者総合福祉施設 愛の家

最終更新日
2021年05月11日
  • 本社

    大阪府

  • 従業員数

    80名

  • 業種

    福祉・介護事業

「愛の家」は笑顔と夢をもって利用者さんに寄り添い、支え、
一日でも早く自立できるように支援することを基本に取り組んでいます。

photo1

【施設概要】

photo

~基本理念~

一.利用者が人間としての尊厳と誇りを持ちながら、
  豊かな生活がおくれるよう支援します。

二.施設から出て、地域で“あたりまえに”暮らすことができるよう 経過施設的役割を果たします。

三.利用者の経済的、社会的な自立をめざして、
  労働の保障・就労支援に力をいれます。

四.地域に開かれ、地域の人たちとともに歩むことができる施設をめざします。

【愛の家の概要】

photo

愛の家は、利用者さんが地域で“あたりまえに”暮らすことが出来るよう支援する施設です。

●福祉型障害児入所施設 愛の家「きぼう」
SSTや動作法なども取り入れて支援しています
就学~18歳までの知的・適応能力に課題がある児童が、地域(家庭含む)に復帰できるよう、SST(社会生活技能訓練)や動作法の活用もしています。
いままで苦手だったことが主体的にできるようにサポートしています。

●施設入所支援 愛の家「かがやき」
「いつも笑顔で支援」をモットーにしています
施設から出て地域で“あたりまえ“に暮らせることを目標に、一人ひとりに応じた食事や入浴の支援はもちろん、生活リズムを整えたり、「どうすればその人らしい暮らしができるか」を基本に支援を考えています。
また、グループホームの利用体験を通じて地域移行の推進にも取り組んでいます。

●多機能型事業所 愛の家「工房みさき」
「自分にも何かできる」が持てるよう支援します
多機能型事業(生活介護・就労継続支援B型)を展開する「工房みさき」では、愛の家の基本理念である利用者の「経済的、社会的な自立」を目指して労働の保障・就労支援に力を入れています。
就職を視野に、作業を通じて「できる」という喜びを感じてもらい、社会的な自立(就労)を目指した支援を心掛けています。

●共同生活援助 「グループホームみさき」
将来、一人暮らしや結婚をしたい!
利用者さんの思いを大切にし、応援します。
障がいがあっても「地域の中であたりまえに暮らす」ことが出来るよう、できることは自分たちでしていただくなど、ふつうの生活や社会のルールやマナーを経験します。

●相談支援 愛の家「みらい」
「相談してよかった」を目指して
障がいのある方やその家族、関係者の方で、障がいに関して困ったことがあれば、まず、愛の家「みらい」へお越しください。
お聞きした内容は、関係機関と連携し情報共有しながら、悩みの解消をめざしてお手伝いさせていただきます。電話・メールでも相談をお受けしますが、訪問も可能です。

会社概要
事業内容 知的障害児者施設
本社 郵便番号 599-0301
所在地 大阪府 泉南郡岬町淡輪1600
電話番号 072-494-0123
代表者 川口 和寛
設立/創業 1971年05月
職員数 80人 ( 2020年10月) (備考:非常勤職員含む)
back to top