TSUNORU 2023
  • 新卒

カワソーテクセル株式会社

最終更新日
2021年06月01日
  • 本社

    大阪府

  • 従業員数

    117名

  • 資本金

    6,750万円

  • 業種

    非鉄金属 / 金属製品 / セラミックス

2023プレエントリー開始は2022年3月です。企業や業界研究にお役立てください。

<< 創業140年以上 >>
電力会社向けの製品や半導体関連装置の部品メーカー!
若手にも海外出張や展示会の企画など豊富なチャンスがあります!
★果敢に挑戦し続けられるあなたのご応募をお待ちしています★

明治10年(1877年)、カワソーテクセルは「せともの」の町、愛知県瀬戸市で食器製造業として創業しました。140年を超える歩みの中で、瀬戸物、碍子、セラミックス、メタライズへと時代とともに歩んでまいりました。その道が1本につながっていることは、私たちの持つ保有技術を磨き続けてきた証でもあります。セラミックスに金属を気密接合させるメタライズ技術―私たちが今、時代の最先端で育んでいるこの技術が、豊かな未来への礎となるよう、今日も研鑽を続けてまいります。

photo1
photo2

高度な専門性・技術力を武器に世界で戦っています!

photo

歴史に驕ることなく成長を続けています

我が社では、碍子など電力系の製品を製造する過程で身に着けた接合技術を活かし、セラミックスと金属を強固に接合して製造を行う、CMBという新たな事業に注力しています。
CMB事業では、半導体の製造装置・航空宇宙といった最先端分野を支えるセラミック製の気密部品や、産業用半導体を冷却する水冷ヒートシンクといった製品を主に開発しており、国内外で活躍しています。
セラミックスはその特性上、他の物質と接合することは難しいとされてきましたが、表面を金属化させることで強固な接合が可能となりました。
長い歴史の中で築いてきた、他社が真似できない技術力を武器にこれからも新たな製品・分野に取り組んでいきます!
成長を続ける当社であなたのひらめきを活かしてください。

若手の活躍できる環境があります!

photo

入社1年目でも展示会のコーディネートやホームページの改善など事業の根幹部分に携われます

近年、ドイツで行われるハノーバメッセなど海外の展示会にも出展し、欧米やアジア諸国を中心とする海外市場への展開にも積極的に取り組んでいます。
若手社員であっても国内の展示会でのコーディネートを任せたり、海外向けHPの改善会議にも参加していただきます。
知識を教育だけではなく、実践で身に着けてほしいと考えているので、入社2~3年目の若手であっても海外で行われる展示会へ参加できるチャンスがあります!
主体性をもって働くことができる環境で、あなたのアイディアを形にしてください。

代表からのメッセージ

photo

これまでもこれからも、全力投球で社会に貢献し続けます。

カワソーテクセルは、明治10年窯業の町、愛知県瀬戸市で創業しました。
当時は、洋食器製造業としてスタートしたのですが、その後、碍子の生産をはじめたことで、架線金物、電線ヒューズといった配電資機材メーカーの道が拓けました。
また、碍子のなかでも塩害に強いダブルスカート型碍子に注力し、特にゆりかもめ、ポートライナーといった新交通システムではほとんどの路線でご採用いただいております。ご乗車の際に、当社のロゴマークに気づいていただけたら幸いです。
当社のもう一つの柱は、セラミックスの分野です。1970年代以降、セラミックスと金属、異種金属同士の気密接合技術を武器に事業を展開し、真空装置関連等、多方面でお使いいただいております。
140年の歴史のある当社で、一緒に社会に貢献する仕事をしていきませんか。

会社概要
事業内容 電力、真空、半導体、宇宙などの幅広い業界の最先端を支える製品を製造販売しています。

◆メタライズ(セラミックスと金属の接合)製品
◆水冷ヒートシンク
◆ろう付(金属接合)製品
◆セラミックス製品
◆電力会社向け製品
◆ガイシ製品
本社 郵便番号 550-0005
所在地 大阪府 大阪市西区
西本町1-7-10
電話番号 06-6532-1307
代表者 稲付嘉明
設立/創業 1945年05月
資本金 6,750万円
売上高 26億円(2020年03月)
従業員 117人 ( 2021年02月)
back to top