TSUNORU 2025
  • 新卒

株式会社共同フレイターズ

最終更新日
2024年05月08日
  • 本社

    東京都

  • 従業員数

    36名

  • 資本金

    1億0万円

  • 業種

    海運 / 陸運 / その他サービス

photo3
  • 渡邉 尚之 (29)  
  • 部署

    横浜支店通関課

  • 職種

    貿易事務・国際事務/

  • 出身校

    神奈川大学

コメント

●入社した理由は?

大学で開催されていた会社説明会に共同フレイターズも参加しており、フラっと立ち寄ったことでこの会社の存在を知りました。通関業という業種はまったくピンときていませんでしたが、輸出入される様々な商品に触れられる通関という仕事への興味と、当時採用担当をされていた専務(現社長)の柔らかな雰囲気から、入社を決めたことを覚えています。(英語力はそこまで求められない、と聞いたのも一つの理由です!笑)

●どんな会社ですか?

大きな会社ではないですが、だからこそ主体性さえあれば色々なことにチャレンジできる、経験を積むのにもってこいの会社だと思います。また、助けを求めれば真摯に向き合ってサポートしてくれる人が多いので、覚えることは多いですが未経験でも怖がることはありません。

●どんな仕事をしていますか?

輸入通関を担当しています。海外から到着した輸入貨物は、必要事項を税関へ申告し許可を貰わないと国内へ引き取ることができません。また動物や植物、食品などを輸入する際には通関手続きまでに各省庁へ検疫手続きを行い、事前に完了させておくことが必要です。そういった役所への手続きなども日々手配しています。

●入社して成長したことは?

もうじき7年目を迎える部課の中心人物として、責任感を持ち、先頭に立って仕事を行うことを心掛けるようになりました。また社内外問わず、仕事に絡んでいる人の数も多く、協力しながら進めていく必要があります。入社当初に比べ、連携している人にとっていかにやりやすいと思ってもらえるかを常に意識し、取り組むようになりました。

●これからの目標は?

通関士試験に合格し、通関士としてどんな仕事でも信頼して任せて頂ける人材となることが目標です。

笠戸亮太 (25)
  • 部署

    カスタマーサービス部通関課

  • 職種

    その他専門職/

  • 出身校

    東洋大学

入社してから輸出通関担当としてスタートし、昨年半ばから営業として顧客対応もしています。最近は担当する顧客の貨物を無事に船積みできた時にやりがいを感じます。コンテナを船に積むためには、通関、貨物のコンテナ詰め・輸送等様々な仕事を手配する必要があり、更にこの間にはそれぞれの会社の都合があります。一筋縄にはいかないときもありますが、成長できる機会だと捉えています。それらを調整して顧客の期待に応えることは正にやりがいを感じる瞬間です。

back to top