TSUNORU 2025
  • 新卒
  • おすすめ企業

井上スダレ株式会社

最終更新日
2024年03月02日
  • 本社

    大阪府

  • 従業員数

    66名

  • 資本金

    1,080万円

  • 業種

    家具・インテリア / 化学 / 建材・エクステリア / 商社(家具・インテリア・日用品) / 商社(建材)

伝統的工芸品「大阪金剛簾」を守り育てて、創業107年
「「でも、すだれだけじゃないんです」」
スケートボード・BMXのコースを形作る「連結・可動式ユニット」の
開発にも取り組んでいます。
「営業職」「営業事務職」「技術職」を大募集!
色んなことにチャレンジしてみたい方、ぜひ一緒に働きましょう。

1916年に簾(すだれ)を製造する企業として創業し、
国の伝統的工芸品「大阪金剛簾」を守り育てながら、
時代にマッチしたインテリア簾など幅広い商品を扱っています。

併設している“すだれ資料館”は近隣の小学生たちも社会科見学にくる、
河内長野の観光スポットにもなっています◎

ただ、歴史が長いだけではありません…!

簾の塗装技術を応用した、配管をつなぐ「継手部品」。
業界に先駆けて着手した給水給湯用の継手部品の製造・加工技術は
高評価を得ています。

また、2018年には海外と販売契約を結び、スケートボード・BMXパークの
可動セクションを開発しました。
世界的スポーツイベントで大活躍した選手たちの練習場にも
使われているんですよ!!

photo1

実は“紙”から作られている建材!!

photo2

こんなにおしゃれな簾もあるんです!

◆伝統の「すだれ」&技術を応用した「継手」&強みを生かした「スケートボード・BMXコース」

photo

全然関係なさそうですが、技術で繋がっているんです!

南河内は昔から上質な真竹が多く、江戸時代に京都から技法が伝えられ
簾造りが盛んになりました。

弊社では、伝統的工芸品「大阪金剛簾」を守り育てながら、
時代にマッチしたインテリア簾など幅広い商品を扱っています。

(日本文化が好きな海外の個人宅向けインテリアとしても好評なんですよ!)

1972年には、簾に着色する技術を応用し、
地場産業である鋳物の水道管継手の粉体塗装事業を開始しました。

(実物を見たことがある人は少ないと思いますので、会社見学でお見せしますね!)

そして、2018年に米国リットライトと正規日本代理店契約を結び、幅広い用途に使える建材事業を立ち上げました。
国際的なスポーツ大会で非常に盛り上がった「スケートボード」「BMX」。
弊社の強みの一つである金属加工を生かして、スケートボード・BMXパークの可動セクションの製造を開始。
滑走面にはリッチライトの「スケートライト」を採用。耐久性に優れ、多目的で持続可能な素材である商品の主成分は「紙」。

(大阪の松原市や堺市などのスケートボードパークにも弊社の製品が使われています!)

この建材、スケートボード・BMXパークだけでなく、
店舗のカウンタートップ(天板)、外壁材、家具、キッチン用品、楽器など用途が様々で、活躍の場所が無数にあります。

◆社会貢献活動

photo

地域社会にも貢献し、長く愛される企業であり続けます!

2004年に「すだれ資料館」を設立し、簾の歴史的資料を展示しています。

簾に特化した施設は全国にここだけで、地元・河内長野市の観光スポットです!

職業や社会に触れることで、地域の将来に繋がる一助になればと考え、
地域の小学生の教育支援の一環として、社会科見学を受け入れています。

◆教育研修

photo

新入社員研修を手厚く実施しているので、安心して働けます!

入社してから3ヶ月にわたる新入社員研修があります。
仕事の基本、ビジネスマナーなど社会人としての基礎を学びます。

その後、先輩社員のもと商品知識やOJT研修にて経験を積んでいきます。
また、定期的なフォローアップ研修や外部研修など様々な研修体制で成長の
バックアップをします。

社内は上司との距離も近く、皆で連携しながら仕事をしています。最初は慣れないところもありますが、
先輩に聞きやすく親切に教えてくれるので安心して仕事を覚えられます。

会社概要
事業内容 竹・木製簾の製造・販売
金属・プラスチック製パイプ部品の製造加工・販売
電気機器の修理・販売・電気工事の請負
紙合板の輸出入・製造加工・販売
スポーツ施設用器材の輸出入・製造加工・販売・賃貸
本社 郵便番号 586-0086
所在地 大阪府 河内長野市天野町1014-1
電話番号 0721-53-2581
代表者 井上 義弘
設立/創業 1916年03月
資本金 1,080万円
従業員 66人 ( 2022年09月)
back to top