TSUNORU prev

当社はユニフォーム・メンズ・レディスの素材提案から企画、デザイン、製品化まで行う繊維の専門商社です!

明治37年の創業以来、固定観念にとらわれず、常に時代の変化に対応してきました。
商品の多様性を求められる今、歴史・伝統で培われた「商品開発力・企画提案力」と併せ、
「メンズ・レディス・海外・スクールユニフォーム・ビジネスユニフォーム」の5部門からなる組織力と
中国及び、ASEAN諸国に拡大する海外オペレーションで、迅速且つ細やかに対応しています。
これからもグローバル企業として、世界に通用する「MAKIMURA」であり続けます。

photo1
photo2

好きだから、牧村で・・・

photo

牧村でしかできないこと、共にクリエーション

当社は常に業界をリードし続ける国内・海外の著名ブランドをサポートし、トレンドを生み出すお手伝いをする一方で、みなさまの身近でも見かける事のある飲食店や公共施設などのユニフォームや、中学・高校等の学校制服なども牧村が活躍しているフィールドとなります。

ファッションの領域で幅広く活動する牧村では、多角的にファッションを捉えられる豊かな感性を持ち、仕事を通じてファッションに携われる喜びを感じられるような方に活躍していただきたいと思っています。

好きだから、牧村で・・・そんな素直な気持ちを大切にしながら、結果を残せる仕事につなげていくための基盤が牧村にはあります。

日本を代表する生地を活かした牧村コレクション

photo

クライアントのイメージに最適な素材を提案

今や日本の伝統文化や技術力は海外で高く評価され、「メイドinジャパン」「ジャパンブランド」のクオリティーの高さは業界問わず周知されています。だからこそ想像を超えるような斬新な提案がなければ、新しいものを生み出していくことはできないでしょう。

常に新しいものを生み出すために牧村が大切にしていること。それは、テキスタイルの老舗として、日本を代表する生地産地のメーカーとの信頼関係です。素材や生地の特性を熟知したプロ集団の 紡績・機屋・ニッター・染色整理などとの共同作業のなかから、ブランドのオリジナル素材や牧村コレクションは生まれます。

時代の変化に流されないものづくりへの信念、そして新鮮さを失わない企画力で、クライアントのイメージに最適な素材を提案します。

個の力ではなく、集団の力を信じて

photo

当社は、何よりも人を大切にしています

製品は個の力だけではできません。

生地の原料となる糸の生産メーカーから、生地に仕上げる機屋、整理工場、平面である布に曲線を描くデザイナー、そして縫製と製品を完成させるまでに多くの人が関わっています。関連業者と一緒に力を合わせ歩んでいけるだけの信頼関係が築けていなければ、製品は完成しないのです。

当社は、何よりも人を大切にしています。

よく会社の財産は人だと言いますが、当社の社員だけでなく、関連業者の同志たちとのパートナーシップが私たちの財産です。

会社概要
事業内容 各種繊維服飾素材及び繊維製品の販売並びに輸出入
本社 郵便番号 541-0053
所在地 大阪府 大阪市中央区本町3丁目2番8号
電話番号 06-6253-1251
FAX番号 06-6253-1335
事業所 大阪本社・東京支店・名古屋支店
札幌営業所・仙台営業所・広島営業所・福岡営業所
箕面流通センター(大阪府箕面市)

<海外>中国事務所・パリ事務所


代表者 三木 宏
設立/創業 1947年07月
資本金 2億9,100万円
売上高 97億8,673万円(2019年05月)
従業員 124人 (2020年04月)
back to top